祖先の霊を供養する行事『お盆』。お盆の時期には、先祖や亡くなった人の霊が家族の元へ帰ってくるといわれています。

イラストレーターの、しばたま(shibatamaa)さんは、Instagramのフォロワーから聞いた、不思議な体験談を漫画化しました。

夜道をドライブ中に…

ドライブ中に、夜道を1人で歩いていた少年を車に乗せた男性。

家の近くまで送ると、少年は礼儀正しくお礼をいって、車を降りたそうです。

その直後に後部座席を見ると、少年の背負っていたリュックが残されていました。男性は慌てて追いかけますが、周りを見渡しても少年の姿はありません。

そこで、近くの一軒家を訪ねてみたところ…。

一軒家から出てきた家主はリュックを見たとたん、涙を浮かべて男性にお礼を伝え、家に上がるようにいいました。

戸惑いながらも、男性が家の中に入ると、そこには、さっきの少年の『遺影』が…。

少年はお気に入りのリュックを背負って外出した際に、事故で亡くなってしまったそうです。

リュックを見つけてあげたい」という家族の気持ちが伝わったのか、少年は幽霊になってでも届けようとしたのでしょう。

作品を読んだ人からは、次のようなコメントが寄せられています。

・すごく優しい子だったのでしょうね。家に帰れてよかった。

・涙が出た。親御さんの気持ちや、男の子の気持ちを思うと…。

・怖いというより、感動。電車で読んでいて、涙をこらえました。

多くの読者が、少年の行動に、ほろりとさせられました。

しばたまさんInstagramには、ほかにも『怖い話』が投稿されています。中には、トイレに行けなくなるほどの『ガチ怖』エピソードも…。

興味のある人はチェックしてみてください!

shibatamaa


[文・構成/grape編集部]

出典
shibatamaa


(出典 news.nicovideo.jp)

怖い体験談のはずが感動話に??
あなたはどう思う?
以下ネットの反応↓↓

<このニュースへのネットの反応>

現代だと違う恐怖のオチが付きそう


目が離れすぎている。


ゴロー先生のところでやってなかった?


実に王道中の王道。こういうのでいいんだよこういうので


水を指すようで悪いがこれと全く同じ話を本怖系雑誌で数年前に読んだぞ。そちらは女の子が学生と遊んで帰り女の子の家に送ったら・・・と言うシチュエーション。よくある話なのか雑誌がマイナーなのか


はい嘘松


嘘松なら*だ子はいなかった事になるので、それでもいいよ


嘘でもいいよ、喜んで騙されてやる。ちょっぴり泣いた。


別にこの手の薄い話に感動したり泣いたっつーのは個々の自由だけど、だからって絶対無批判というか、批判したり腐す人を人でなしみたいな風潮作ってケチつけさせないような空気作るのはちょっと違うと思う。普通に話としてはつまらないし。実体験でもない伝聞でしょ?


きっと父ちゃんや母ちゃんがリュックの話をするから、っていう子供心なんやろうな。ほんとは父ちゃん母ちゃんは一目だけでも見たかったんだと思うけどな(´;ω;`)。子供の話はアカンのや・・・


王道って面白くて好まれるから沢山書かれるんだよねwでも、読み終わってみれば王道なのに、読んでいる途中で頭をよぎったのは男の子を送った話を信じてもらえず犯人扱いされる展開だったよ…


内容は良かったけど見終わった後真っ先に「嘘松」って思ってしまった自分が憎い


タクシーの怖い(不思議な)話によくあるやつですね。内容は同じでもあまり気にならずに見聞きできるあたり、王道と呼ばれるのも判る気がします。


作品て


ホラーテイストが強くなると、拾ってきた遺品がなんか黒い→変色した血がべっとりついていました、というパターン。女性だと婚約指輪とかそういうのも多いネ。


作り話だとしてもこういう話は泣けるよなぁ。


王道のほんわか怪談なはずなんだけど、なぜかゾワっとした……へんだなぁ


破ぁーーーーー!!


肉体を失っても魂だけは家に帰ることが出来たのは不幸中の幸いか


迷ってる訳では無い・・単に 帰宅しようとしていただけだろうな 無意識にリュックを拾い 届けたんだと思う 霊は見えない筈