日本が世界に誇る若者向け娯楽小説「ライトノベル」。

【大きい画像を見る】「Re:ゼロから始める異世界生活」(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会


年代によって流行したジャンル違いますが、現在は小説投稿サイト小説家になろう」に投稿された“なろう系”作品がブームです。
この数年で『Re:ゼロから始める異世界生活』や『転生したらスライムになってた件』など、様々な作品が商業化、コミカライズアニメ化しています。



現在、“なろう系”作品の代名詞と言えるのが「異世界転移・転生もの」です。
おおまかに説明すると、主人公が現実の世界から文明が異なる別の世界に渡り、手に入れたチート能力(それがありふれた知識でも異世界では貴重である)で大活躍する構成になっています。

これには「小説家になろう」黎明期に、「異世界転移・転生」ジャンルの人気作品が生まれたことから、後にエッセンスを吸い出したテンプレートに沿った作品が多数投稿された背景があります。

その勢いのままに、読者のポイント投票によるランキングにおいて「異世界転移・転生」作品が長年トップを独占しています(2016年よりランキング内で「異世界転移・転生」とそれ以外のジャンルに分離されました)。



もちろん、同サイトには他ジャンルの作品も投稿されていますが、“なろう系”=「異世界転移・転生」ジャンルイメージが強いです。

実際にアニメ化した同サイト投稿作品のほとんどが同ジャンルです。そこで、改めて現代の多くの若者に支持される同ジャンルテンプレートまとめてみました。

1.トラックに轢かれる
主人公が何らかの理由で異世界に転移・転生するわけですが、転生の場合はトラックとの衝突事故が死因であることが多いです。何故、主人公異世界に吹き飛ばすトラック存在感がここまで大きいのかは明らかではありません。

しかし、異世界に飛ばされるまでの経緯が長く描かれることはほとんどないため、基本的には第1話でいきなり異世界に行くには、事故だとスムーズなのかもしれません。

2.チート能力に目覚める
異世界転移・転生」における醍醐味が、主人公チート能力によって無双状態“俺TUEEE”することです。
異世界に渡る前に神や天使など頂上の存在に特別な能力を与えられることが多く、現実におけるゲーム上のステータススキルが下地になっていることも多いです。

また、目に見えて超常の力を持たずとも、転生する前の世界で得た知識(戦闘能力に限らず)が異世界では大変貴重であるため、活かすことで活躍する主人公も少なくありません。



3.主人公ヒロインにたくさん称賛される
主人公は元いた世界において、ニートフリーターネトゲ廃人、引きこもりなどであることが多いです。
とくに女性にモテたことがない設定上、転生した世界では様々な美少女の愛を獲得するハーレムを形成する展開が多く見られます。

その時によく見られる要素として、攻略対象の女性が主人公を“手放しで称賛する”傾向が強いこと。
従来のラノベに多く見られた、主人公ヒロインに好かれやすい傾向(主人公がモテる)に加え、ヒロインに「すごい!」と褒められるシーンが加わったことが読者に好評のようです。

4.ノーストレスでどこまでも高みに上り詰める
主人公が“最初からチート能力を持ち”という設定のため、「努力して強くなる」、「挫折を乗り越えて精神的に成長する」といった描写に重きを置かない作品も多いです。

本稿を読んでいる人の中には、努力が必要ないという点に疑問を抱くかもしれませんが、同ジャンルにおいては、主人公の“俺TUEEE”を読んでスカッとすることが求められているのは間違いないでしょう。

5.タイトルが長く、それだけでストーリーが伝わる
これまで商業化された作品やランキング上位作品を見ると、タイトルが長い傾向が見られます。これは恐らく、同サイト内に投稿される作品数があまりに多すぎるため、埋もれずにタイトルだけで読者の気を引く狙いとして定着したのではないでしょうか。

読み手側からしても、タイトル通りのストーリーが期待できる確率が高いので、願ったり叶ったりかもしれません。


【ほかの画像を見る】『転生したらスライムだった件』第3キービジュアル(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

『転生したらスライムだった件』第3キービジュアル(C)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会


(出典 news.nicovideo.jp)

小説家になろう(しょうせつかになろう)は、株式会社ヒナプロジェクトが提供する小説投稿サイト。作者登録することで、無料で小説をウェブ上公開することができる。また、「小説家になろう」はヒナプロジェクトの登録商標である。 多くの作品が登録されている小説投稿サイトである。ウェブ上で執筆が可能である点、携帯
27キロバイト (3,590 語) - 2019年6月5日 (水) 05:27


あなたはどう思う?
以下ネットの反応↓↓

<このニュースへのネットの反応>

たまに、ほんのたま~にだがこの手の異世界転生モノが流行る以前のファンタジーを「この作品もある意味なろう系だよね」とか言い出す人が出てきて、なんかジャンル丸ごと好かない。


「長年トップを独占」っつーか出てるのがこれ系しかないだけじゃないの?w それか出ててもこれ以下のレベルか。


ロスジェネ及び予備群の「生まれ変わってやり直したい」願望+東日本大震災など相次ぐ大規模災害・事件事故犠牲者に対する「転生・転移して幸せになっていてほしい」という祈りがこのジャンルの隆盛につながってると思う。


いっそ生前苦労して命を落とし、転生して苦労したけど結局一切報われないまま最後には誰にも看取られずにこの世を去るような話とか見てみたいな


『せっかくチートを手に入れたのに物事が思い通りにならず失敗ばかりの主人公を(読者がpgrして)笑うコメディ』が市民権を得ているから、記事の「ノーストレスで」は違うと思うよ


一つの商売が成功するとみな同じ商売を始める。ラノベの世界も同じということ。


なんだろ・・・あんまり異世界転生モノ知らないけどこのテンプレ読んで*程面白い要素が見当たらない・・・読んでて面白いの?


大概の作品は"俺TUEEE"じゃなくて読んでて"主人公がUZEEE"だろ。


異世界転生物でしっかり前世の知識が役に立っているものは少ない気がする。あと異世界転移ものの場合、いきなり見知らぬ世界に飛ばされたのに右往左往しないのは草。


三話切り、一話切りなんて言葉があるように、年々ファンが付いてくれるまでのハードルが上がってるからね。元は大体無料だから原作知ってる人もそこそこ多く、色物的なネームバリューで冷やかしに来る人も多く、ネタにすらされず埋もれていくって商業的に最悪の事態だけは避けられる。ここら辺が需要に繋がってるんじゃないかね。


結局は萌え要素満載のただの萌えで釣ってるだけのうっすい作品ばかり


カ○マ「トラックにひかれてないし、チート能力が駄女神だし、ヘンタイと中二病のお守りもしなきゃだめだし、ノーストレスで上るどころかストレスフルで下働きの借金生活なんですが?それでも俺も転生物の主人公なんですが?」


いくつか面白いものもあるが、多くは書き手の「何の努力もしたくはないけどいい思いをしたい」という願望がにじみ出てとにかく気持ち悪い


トラックにはねられて転生といえば、いの一番にミンキーモげふごふ。 それはさておき、異世界転生トラックといえば定番中の定番だけども、アニメにまでなってるのって今の所ないよね。アニメ化予定の無職転生が初って事になるんだろか。


スマホ太郎とかアニメ化させてなければココまで叩かれてないジャンルだと思う


なろう系って現実に鬱屈してるから創作物の中では俺TUEEEしたいって願望が現れてんでしょ。


もうあったわ、ナイツマが異世界転生トラックだったわ。


なろう・異世界転生ものは刑務所で大人気って話を見たな。現実を忘れられるとかなんとか。


通り魔とかもあるし 社会人が主人公の場合 過労死転生が増える。


寝てたら死にましたってのもあるので死因は交通事故がやや多いくらいのような